Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

天使になってしまったコーギー親子マーブルとシフォン、妹分のチワワMIXメープルのブログです。マーブルとシフォンの闘病記をメインに親子姉妹のお出かけや日常を綴ってます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   Comment: --   

シフォン マーブルの元へ  

シフォンを動物病院に迎えに行ったのは11時過ぎでした。
この朝の検査では前日高かった血液の尿素窒素も改善されレントゲンの肺の影も薄くなり、先生に抱っこされ診察室に入って来たシフォンは大分元気になったように見えました。
先生からも帰ってから忙しければ早急に受診しなくても大丈夫だと思う…とのお言葉を頂きすっかり安心したまぶしーちちとははでした。
実際その後お礼に伺ったペンションでもママさんに元気にお礼言ってましたし、帰り道に寄った長浜公園でも会ったわんちゃんに吠えかかる程元気な様子を見せてくれてました。

そんなシフォンを見ながら大事にならなくて良かった…と胸を撫で下ろしてたのですが…
その日は3月5日の日曜日…今日4月5日ですからちょうど1ヶ月前の事です。家に到着した時間にはかかりつけの病院は閉まってました。
緊急時には診療時間外でも可能な限り対応して下さる先生ですが、旅行先での先生の言葉にすっかり安心していたので病院には翌日の診療時間内に行きました。
その時もシフォンの舌の色は良くはなかったのですが。
翌朝病院に行き旅行中のシフォンの状態と旅行先の病院での診察結果と検査結果を伝えました。
かかりつけ病院ではレントゲンと心電図検査を受けました。
その結果先生から告げられたのは拡張型鬱血型心不全(突発性鬱血型心筋症)という難しい病名でした。
シフォンが心臓病⁈2週間程前に下痢をした時受診し聴診もして頂きましたが何の異常もなく、昨年10月下旬に全身麻酔で乳腺腫瘍の摘出手術を受けた時にも心電図に異常を指摘される事はなかったのに……
旅行先の病院では心臓に異常はないって言われたと伝えましたが、今日の検査での結果ではこの判断になりますとの事でした。
ただこの時点では命に関わる病気との認識はなく薬でコントロールしながら上手く付き合って行こうと思っていました。先生もそんな感じで仰ってましたし。
その日は薬を2種類10日分処方されました。薬と一緒に処方箋を渡され、もし外出先で他の病院を受診する時はその処方箋を提示するようにとの事でした。
その時シフォンの病気が難しいものなんだと初めて認識した気がします。



薬は朝夕2回、忘れず残さず飲ませるよう言われました。ご飯に混ぜれば食べちゃうかな…と思った通りいつものおじやの上に薬を乗せてあげると薬も一緒に普通にご飯を食べてしまい薬を飲ませるのには全然苦労しませんでした。
でも段々食が細くなり朝夕2回だったご飯を朝昼晩の3回に分けてあげたりしました。この時点では食欲がない訳でなく体力がなくて食べられないという感じでした。
が、その内全く食べなくなってしまい薬だけでも飲ませなきゃと大好きなチーズに包んであげるとコクンとひと飲みしてくれました。
でもご飯は食べないのでおじやの中の鶏肉を口元に持って行ってあげると美味しそうに食べました。
そんな状況でもシフォンは健気に頑張ってくれてました。

DMが進行し寝たきりになった時の為にと買ったベッドとマット(ベッドの下に敷いてあります)が思わぬ形で役に立ってしまいました。


2人仲良く同じお布団で。これはちょっとやらせ入ってます😉

でも薬を飲ませても目に見えての回復はありませんでした。まぶしーちちは薬効かないな…と言ってましたが、まぶしーはははやっと見つけたシフォンと同じ病気の子のブログに書かれていた薬を2週間飲んだら容態が改善したとの一文を信じ、シフォンもきっとその内薬の効果が現れるだろうと信じて疑いませんでした。
薬が終わる前に再診するよう言われてたので11日の土曜日に通院しました。また心電図を取るのかと思ってたら先生は聴診しただけ。シフォンは初めてのチアノーゼだったので前回の2種類の薬だけで改善すると思われたそうですが、全く改善されていないので更に3種類の薬が追加になりました。
まぶしーちちとははの食事中に食べたそうに吠えるのに口元に食べ物を持って行っても食べない事を先生に伝えると、心拍が速いので食べたくても食べられない状態だと言われました。長距離走の後食べられないのと同じ状態だと。
先生の言葉を聞き診察台の上に横たわるシフォンを見ながら、こんなに突然悪くなっちゃうんですね……と呟いたまぶしーははでした。



この日からシフォンは絶対安静。前日までメープルと一緒にカートでお散歩に行きお外でトイレもしてましたがそれも禁止になりました。



呼吸が苦しそうなら酸素ハウスを用意した方がいいかもしれないと言われたので翌日にはレンタル酸素ハウスを設置して頂きました。

酸素ハウスに入ったシフォンは穏やかな表情になりとても楽になった様子でした。

n

翌日にはこんな表情も見せてくれるようになり酸素ハウスの中でなら少しですが食べてもくれるようになりました。

……2日目までは。
酸素ハウスを使い始めて3日目…この日は前日までとは様子が違い酸素の中でも苦しそうな様子でした。
先生に様子を見せるように言われてたので朝の内に病院へ。
病院へ向かう車の中でもシフォンはぐったりしたまま。
診察室に入り聴診済ませた先生からこのまますぐ連れて帰って酸素ハウスに入れてあげて下さいと言われ会計もしないで自宅に帰りシフォンを酸素ハウスに寝かせました。
先生がこうおっしゃる程その時既に危険な状態だったのでしょう。

それでも酸素ハウスの中では幾分楽そうな様子を見せてくれたシフォンでした。
でも思い返すとこの日は朝から呼びかけても反応が弱かったような気がします。そして酸素ハウスの中の温度も前日までは高くなってしまい氷で
冷やしたりしてたのですがこの日は全く上がりませんでした、既に低体温になっていたのかもしれません。
それなのに酸素室から出し病院に連れて行ったのでそのダメージはこの日のシフォンには大きすぎるものだったでしょう。
その日の夕方メープルとの散歩を済ませた後シフォンを見ると様子が変……?
まぶしーちちの退社時間は過ぎていたので早く帰ってくるよう連絡。
前日までは催促してまで飲んでた水をこの日は飲まず氷を細かくしてやったらやっと食べました。チーズも食べるかな?と思いましたがチーズは食べず…
その間にも状態はどんどん悪化してるようで
シフォン頑張れ!パパが帰ってくるまで頑張れ‼︎頑張れ!と呼びかけ続けました。
シフォンはパパが大好きなパパっ子でした。まぶしーちちもシフォンが可愛くて可愛くて…。
大好きなパパが帰って来たら酸素マスクをして抱っこしてもらおうと思って酸素ハウスの説明書に僅かな時間目を落としシフォンに視線を戻したら……
呼吸してない⁈⁈⁈⁈⁈
ずっとずっと側にいたのに旅立ちのその瞬間を看取れなかったなんて…

シフォン!シフォン!シフォン!シフォン!シフォン!呼び続け体を揺すっても呼吸は戻りません。
喉に残っていた空気でしょうか…3回程、ゲッっと空気を吐き出すような音がしたので生き返った?と思ったのですが…
それでも諦められず人工呼吸したり、心臓マッサージしたり…
でもシフォンの心臓が動く事はなく例え戻ったとしてもまたあの苦しい状態に戻るのは可哀想だと思い直しました。

シフォンは2017年3月14日 天使になりました。
2003年6月27日生まれの13歳でした。


ガウガウ犬でお友達が少なかったシフォン。虹の橋ではみんなと仲良く遊べてるかな


マーブルとまたこんな風にお昼寝してるでしょうか
スポンサーサイト

カテゴリ: 病気

シフォンに起きた突然の異変 

桜祭り旅行記を読んでくださりありがとうございました。
実はずっと放置していたブログでまた唐突に旅行記をアップしたのには大きな理由があります。

一昨年も一泊でしたが同じ行程で行った桜祭りなので今回の旅行も特別な事ではありませんでした、途中までは…
それが特別なものに変わってしまったのは河津の桜を楽しみ南伊豆に向かおうとした時でした。



えっちゃん、シフォンが変‼︎


DMが少し進行しお散歩中トイレを立ち止まる事なく済ませるようになってしまったシフォンは桜祭り会場ではオムツをしてずっとカートに乗ってました。
なのでトイレをさせてやろうと人混みを避けカートから下ろしたシフォンを車椅子に乗せ歩き始めた直後に、シフォンと一緒に歩いていたまぶしーちちが前を歩くまぶしーははにこう声をかけて来ました。

シフォンが可愛くて仕方ないまぶしーちちはシフォンの事となるといつも大袈裟に心配するので今回もまたそんな事だろうと思いつつシフォンの様子を見ると舌が紫色になりチアノーゼを起こしているようでした。
その直前はふらついて視線も定まらずおやつを目の前に差し出しても反応がなかったそうです。
実はシフォン、この時下痢しててチッコもしたばかりだったので血圧が急に下がった為じゃないかと思っていたのですが、舌の色を見ると緊急事態のようにも思えすぐそばで自宅前に出店していらしてワンちゃんを飼ってらっしゃるとお聞きした奥さんにかかりつけの動物病院を紹介して頂きました。

この時いた河津には動物病院がなくてかかりつけは下田の病院。
ちょっと離れてますがないのなら仕方ありません、かかりつけの方の紹介なら診て頂けるだろうと電話しましたが、DMだと言ったからか対応できないとの返答。
対応できる病院は伊東まで行かないとないと言われたそうです。
シフォンを見ると表情は先程より良くなっているような感じですが舌の色は良くなったりまた悪くなったり…

対応して頂けないのなら仕方ありません。駐車場までどう戻ったのか全く記憶がないのですが、車に戻りまぶしーちちは伊東方面に車を向けました。
そしていつもお世話になってる伊豆高原のペンションに電話し病院を紹介して頂きました。
その後はひたすら伊豆高原に向かって走ったまぶしー号です。河津から伊豆高原までは50キロ以上…なかなか到着しません。
まぶしーはははこれで診察して貰えると思って安心したからなのかシフォンを撫でながら涙が溢れて溢れて…

病院に到着して受付を済ませるとペンションのママさんが話を通してくれていたからでしょう、患者さんがたくさん待っていたに関わらず待つ事なく診察室に入れて下さいました。
今までの経過を話しレントゲンと血液検査。
結果は尿素窒素が少し高いけれど血液に大きな異常は見られず心臓も異常なし。肺に影があるので炎症を起こしているのかも…との事。
高濃度酸素室の中での反応を見たいので一時間後に来て下さいと言われメープルと一緒に病院の周りをちょっとウロウロ…いやお散歩。
その後は行く所もないので待合室で待たせて頂きました。

一時間後シフォンの様子は悪くなってはいないけど良くもなってなくて一泊入院する事になりました。
一晩離れ離れだからというのでシフォン診察室連れて来て下さいましたが、シフォンきょとんとしてました。

明日の朝迎えに来るからね…後ろ髪を引かれつつその日のお宿に向かいました。

この日のお泊まりは南伊豆。河津よりもっと遠くです。
なるべくシフォンの近くにいたいと思ったのですが、桜が急に咲いてしまった伊豆高原のお宿はどこも空きがなく仕方なく南伊豆に向かったのでした。


その日の晩は寝たのか寝ないのかで朝を迎えました。
まぶしーははは一刻も早くシフォンを迎えに行きたかったのですが、まぶしーちちは病院にいた方が安心だからと何だかのんびりしてました。
まぶしーははも朝風呂入っちゃいましたけど。


2月中旬サロン帰りで益々美人さんになったシフォン

カテゴリ: 病気

限りなく透明に近いブルー 

こんにちは。

早いもので今日から6月、我が家では今年1回目のフィラリア予防薬を飲ませました。
先ほど聞いた天気予報では今週前半にも関東辺りまで梅雨入りするかもしれないという事です。
猛暑も嫌だけどわんこと暮らしてる身には毎日雨降りも大変
夜降って朝は止むシステムにしてもらえないかと思ってしまいますわ

6月初日の今日は風もあって幾分涼しく感じるまぶしー地方です。
が、昨日は暑かったですよね~。
そんな猛暑だった昨日まぶしー家は都内のとある病院へと行って来ました。



かかりつけ医以外の受診なんてマーブルのDM以来初めての事です。
今回受診したのはこのお方。

1日1

はい!毎日笑顔で元気に飛び跳ねているメープルです。
元気印のメープルが何故?・・・・・って感じですよね。


事の始まりはフィラリアの薬を頂く時に念の為に受けた血液検査でした。
何とメープルのGPTが桁違いに高く、15日間体に優しい漢方系の薬を飲み再検査。
この再検査は外注でちょっと詳しく見て頂いたんです。
すると前回高かったGPTは下がったものの総胆汁酸なるものが高数値で、
この数値から先生が疑ったのが門脈シャントなる病気でした。



門脈シャント・・・NETで何回か目にした事がありますがどんな病気なのかその時まで全く知りませんでしたが、おおよそこんな感じです。


門脈というのは消化管で吸収された栄養素の他に、有害なアンモニア、細菌、毒素を肝臓に運ぶ血管の事。
シャントというのは門脈と大静脈の間にできたバイパス血管の事です。


通常全身を巡り汚れた血液は門脈から肝臓に達し浄化され大静脈に送られます。
が、シャントができると肝臓を通らない汚れたままの血液が大静脈に達し全身を巡り、血液の中の有害な物質の影響で結果、脳障害などの肝性障害を引き起こしてしまいます。


昨日行った病院のHPに門脈シャントについての説明が詳しく載ってるのでリンクさせて頂きますね。
詳しく知りたい方はご覧下さい。  こちら 



かかりつけの先生が勧めて下さったのは出身の大学病院でしたが、大学病院は診察日が限られ受診がちょっと難しそうでした。
なのでNETで門脈シャントと調べると必ず出て来る昨日の病院で詳しく検査して頂く事にしました。


受診を決めるにあたりまず電話で先生とお話しメープルの検査数値を伝えたところ門脈シャントである可能性は低そうな感じでした。
総胆汁量の数値が高いだけではそうである確率はかなり低そうで取り敢えずそれで少し安心しましたが、詳しい検査をお願いし昨日の受診の運びとなりました。


実のところ周りがうるさくて先生の声がよく聞こえなかったのですが、この病気の確定はCTでしかできないとの事ですし、先生もCTと仰っていたので昨日はCTを撮るつもりで行ったのですがCTは撮りませんでした。
CTを撮るかどうか決める予備検査と言える、血液検査、超音波検査、腹部レントゲン検査をしました。
この検査をして必要があれば後日CTでの検査が必要になります。


メープルの検査の結果はと言いますと、
100%確定ではないけれど門脈シャントはあまり怪しくないという事でした。
確定するにはCT検査が必要ですが、費用面、全身麻酔の危険性などを考えるとあまり勧めないとの事です。

ただメープルは肝臓が普通より小さく肝臓の発達は良くないそうです。(門脈と肝内門脈の発達は良好)
なので肝臓に何らかの異常は隠れていそうで、考えられるのは感染、自己免疫性疾患、食事性(栄養的)、遺伝性などがあるそうです。
メープルの場合は一番怪しいのは遺伝性で原発性門脈低形成などが疑われるそうです。


が、この異常が何なのかは昨日の検査ではわからず、確定にはこれもCTか肝生検をしなければなりません。

この結果、今後の選択肢としては、上記二つの他にもう一つ何もしないというのがあり、
一定期間何もせず様子を見て変わらなければそのまま、体調や数値が悪化したらその時にCTか生検をするという事になります。


先生はここまで説明され、
後は飼い主さんが決める事ですが、ご自分がメープルの飼い主だったら・・・という事で以下の提案をして下さいました。

・肝臓サポートを止めて一般食(総合栄養食)に変更
肝臓サポートはたんぱく質を極端に減らしてるため健康な子には栄養が足りず体調を崩すそうです。この事はNETでも読みました。
・サプリメント(かかりつけ医の処方薬)を中止してどうなるか? → 肝臓の数値が上がるのかどうか?

これで体調に変化がなければ1ヶ月後の血液検査の結果で今後の事は判断する。




肝臓が未発達とわかったものの現時点では何の異常もなく健康そのものにしか見えないメープルに全身麻酔をかけてまでCTを撮ったり肝生検を受けたりというのは正直躊躇われます。
なので結果として我が家が選択したのは先生が提案して下さったように、肝臓サポートを止め、薬も止めて1ヶ月後に再検査をするという形です。


現時点でメープルの検査結果は真っ白ではないけれど、先生が仰るには良かったね!というものだそうです。
門脈シャントも100%ないと決まった訳でなくシャントが横隔膜にくっ付いている場合は成長にしたがって横隔膜とシャントが離れて行き8歳頃になって症状が表れる事もあるそうですが、取りあえず昨日はめ~たん、良かったね!と何回言った事かわかりません。



め~たんの検査結果は真っ白ではないけれど、限りなく透明に近いブルーかなぁ~

カテゴリ: 病気

シフォン手術しました。 

先週の金曜日に手術したシフォン。

背中側の首の付け根辺りに漿液が溜まってしまい何度か抜いてもらってるのですが、段々早く溜まるようになってしまい今回は2~3日後にはもう溜まり始め…そのすぐ側にあったしこりが大きくなっても来てたので思い切って手術してもらう事にしたんです。
日帰りで15分位の手術とは聞いてましたが、わんこはどんなに小さな手術でも全身麻酔ですから弱って来た後肢への影響がきがかりでしたが💦



今はすっかり元に戻りましたが、手術当日の夜は麻酔の影響か後肢が全く立たず危惧してた事が本当になってしまったかと心配しましたが、翌朝にはふらつきながらも歩けるようになりほっとしました。

手術痕、帰って来た時はテープの上に更に透明なテープが貼ってありました。




月曜日に傷痕チェックして頂いた時も手術後と同じ状態に。
シフォンがよく掻く子って言ったからで普通はテープはしないみたい。




昨日の朝、まだ眠ネムなシフォン…





傷痕今はこんな感じ…テープは貼ってもらった当日剥がれてしまいました😅




思ってたより大きな傷痕でビックリですが後は抜糸を待つばかりとなりました。抜糸は6月に入ればいつでもと言われてます

今回切除した組織は検査をお願いしましたが、結果がどうであれシフォンの手術はこれで最後にする事にしました。
マーブルはお鼻の病気がわかった時に選択の余地なく緩和治療になりましたが、シフォンも仮に悪い結果だったとしても同じように過ごそうと思ってます。

来月12歳ですしね



iPhoneからアプリで初投稿、どんな具合でしょうかね~

カテゴリ: 病気

Trackback: --   Comment: 0  

縫合糸反応性肉芽腫 

長かった寒波もやっと通過し今日は昨日より幾分過ごしやすい日になりましたね。
今朝の天気予報で昨日までの強風も今日は吹かないと言ってましたが、まぶしー地方は相変わらず北風なのか西風なのか風が結構吹いてます。
まぶしーははは空っ風のメッカとも言える場所で生まれ育ったので埼玉に住む事になった時に強風に悩まされる事はなくなると喜びましたが甘かった・・・山のない関東平野の真ん中辺りに位置するまぶしー地方、今の季節強風が吹き荒れます
まぶしーははが子供のころから慣れ親しんできた空っ風は赤城おろしと呼ばれてましたが、今毎日のように悩まされてる風には名前があるのかな、ただの通りすがりの風

それでも昨日までよりはかなり歩きやすくなったのでちぽめーのお散歩も少し長く~としたいところですが、実はシフォン先週の火曜日にちょっとした手術をして抜糸前なのでお散歩は控えめにと言われてるので今日もまた短いお散歩になりました。
シフォンの今回の手術というのは糸アレルギーの手術。
何の糸?って話ですが、実はシフォン、まぶしーははがブログさぼりがちだった昨年11月にかなり大きな手術を受けたんです。
右側の下の方の乳腺にしこりを見つけその2~3ヶ月前にも同じ側の上の方の乳腺にしこりを見つけていた為手術をする事になったのですが避妊手術も一緒にしてもらったんです、右側3~5番の乳腺と子宮と卵巣の摘出手術です。
これだけでも結構大きな手術だったのですが、実は手術日前日に先生が左側3番乳頭の近くのしこりを見つけてくれたんです。
でも触診で悪いものには思えなかったのでこれは何れという事で切除する予定はありませんでした、両側の乳腺を一緒に切除となると皮膚が足りなくなってしまうので。
でも手術当日剃毛するとシフォンのお腹の皮膚に余裕があった為急遽そのしこりも「ついで」に一緒に切除する事になりました。
手術は3時間もかかる大手術になり入院も3泊もの長いものになりましたが、結果的にはこの「ついで」の手術でシフォンは命拾いする事になりました。
組織検査の結果、何とついでのしこりが悪性で周囲に浸潤も見られるというもの、他は全て良性でした。

FAXで届いていた検査結果に悪性で浸潤しているとの一文を見た時は愕然とし正式な検査書類を見るまでの数日間は気が気ではありませんでしたが、正式書類には浸潤していたけど全てきれいに取り切れていると書かれてありほっと胸を撫で下ろしました。

手術前に機転を利かせついでのしこりを取って下さった先生には何度お礼を言ってもいい足りないくらいです。
この件はこれで終結と先生も仰って下さり一見落着の筈だったのですが、手術からひと月ちょっと経った頃、縫合痕が一部ぷくっと膨れて来て何だろう?と思っていたのですが、年が明け3日にはそのふくらみが血豆のようになってました。
翌4日病院に電話すると通常の日曜日通り午前中だけ診療してるとの事だったので急遽受診。
診断の結果典型的な糸アレルギーだと言われました。

皮下は大部分溶ける糸で縫ってあるのですがおへその所だけは良く着くように溶けない糸を使ってるのだそうです。
どうやらその溶けない糸に反応してしまったようで糸を除去すれば良くなるという事だったのですぐに手術日を予約しその2日後に手術となった訳です。
浅い麻酔で日帰りでできアレルギーの場合は費用の負担はないとの事でした。
もちろんお金がかかっても手術はするつもりでしたが。

手術の前の日、明日手術だね~ってシフォンと話しながらへそ天でおっぴろげ~になってたシフォンのお腹を触ってたら何とまた乳首の近くにしこりを見つけてしまい・・・結局糸の除去と一緒にしこりと近くの乳頭も切除して頂く事になりました、麻酔量を増やす事なく日帰りで手術可能との事だったので。


年末から手術続きでシフォンの体は満身創痍になってしまいましたが、ついでに取ってもらったしこりが悪性だったラッキーガールのシフォンです。

3日朝霞城山公園


糸アレルギー・・・先生がごく軽く仰ったのでまぶしーははも軽く考えてましたが場合によっては重篤な状態になり命を落とす子もいるのだそうです。
それが本記事のタイトルになってる縫合糸反応性肉芽腫です。

マーブルを迎えて14年近く、ワンコの病気についてもある程度の知識はあると自負もありましたが、今回シフォンが糸アレルギーと診断された事がきっかけで初めて知った病名です。
調べたところその多くは絹糸に対するアレルギーだそうです。
今は絹糸を使う獣医師は少なくなってるそうですが、金銭面や使い勝手の関係で少数ですがいらっしゃるそうで、その絹糸で不幸にも発症してしまう子がいるのだそうです。
我が家のかかりつけの先生は勉強熱心ですしお金をケチるようにも思えないのでまさか絹糸を使ってる事はないだろうと思ってましたが、シフォンの場合はやはり化学繊維の縫合糸に反応してしまったそうです。
傷口に張っていた絆創膏にも反応し赤くなってしまったので軽いアレルギー体質のようです。


今は何の疑問も持たず大多数の方が避妊や去勢手術を受けますが、ワンコの体質によってはその手術に使う糸で不測の事態が起こるかもしれないとう事を頭の片隅に入れて置いて下さい。
この病気で不幸にも大事な我が子を亡くされた方がブログで、手術前に使う糸の種類を確認するよう訴えられてます。


まぶしーははもシフォンの避妊手術を考えた時に避妊手術のデメリットを調べたのですがその時にはこの病名に辿り着く事はできませんでした。
もしもし知っていたら果たして手術を受けたか・・・乳腺腫瘍が怖いので受けてたかな・・・今となってはわかりませんが、受けてしまった今はシフォンが重篤な状態にならずこのまま傷が癒えてくれるよう願うばかりです。

深大寺

ラッキーガールのシフォンですからね、きっと大丈夫だと思ってます

カテゴリ: 病気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。