プロフィール

Author:まぶしーはは
埼玉県在住
はげてて『眩しい』とか、
ましてや美し過ぎて『眩しい』とかではありません。
我が家の愛娘の名前を併せて『まぶしー』です。
よろしくお願いします。

我が家の愛娘
【長女】
♥♥♥マーブル♥♥♥

★2013年5月25日★
★★お星様になりました★★

2000年12月30日
栃木県小山市で誕生
永遠の12歳 女の子
2歳半で8児のママになる。
10歳7ヶ月でDMと診断される。
12歳3ヶ月で鼻腔内腫瘍が見つかる。
まぶしー親子「まぶ」担当

【二女】
(孫ではありません^m^)
♥♥♥シフォン♥♥♥

2003年6月27日
まぶしー家で誕生
10歳 女の子
マーブルの第五子で二女
しっぽ付きフラッフィの上に右耳垂れ気味なのでよくMIXと間違われる。
まぶしー親子「しー」担当

【三女】
(孫ではありません^m^)
♥♥♥メープル♥♥♥

2013年のクリスマスに
マーブルが届けてくれた
クリスマスプレゼント
(2013年のクリスマスは
7回目のマーブルの日でした)

2013年晩秋~冬
ペット里親会さんにより
倒産したブリーダーからレスキューされる

2013年12月1日
里親会にてまぶしー一家と初対面
2013年12月11日
まぶしー家にてトライアル開始
2013年クリスマス前後
正式にまぶしー家の一員となる

誕生日はシフォンの誕生日のちょうど10年後の
2013年6月27日に決定
男の子のようにやんちゃな女の子
恐らくチワワポメMIX
が、しぐさが猫っぽく
チワワにゃんこMIXの疑いあり
『DM』について
マーブルの病気『DM』
(脊髄変性症、変性性脊髄症)
について
詳しく説明されてるサイトです。
●岐阜大学HP
●PWCCJ(ペンブローク ウエルシュコーギー クラブ オブ ジャパン)HP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りなく透明に近いブルー

こんにちは。

早いもので今日から6月、我が家では今年1回目のフィラリア予防薬を飲ませました。
先ほど聞いた天気予報では今週前半にも関東辺りまで梅雨入りするかもしれないという事です。
猛暑も嫌だけどわんこと暮らしてる身には毎日雨降りも大変
夜降って朝は止むシステムにしてもらえないかと思ってしまいますわ

6月初日の今日は風もあって幾分涼しく感じるまぶしー地方です。
が、昨日は暑かったですよね~。
そんな猛暑だった昨日まぶしー家は都内のとある病院へと行って来ました。



かかりつけ医以外の受診なんてマーブルのDM以来初めての事です。
今回受診したのはこのお方。

1日1

はい!毎日笑顔で元気に飛び跳ねているメープルです。
元気印のメープルが何故?・・・・・って感じですよね。


事の始まりはフィラリアの薬を頂く時に念の為に受けた血液検査でした。
何とメープルのGPTが桁違いに高く、15日間体に優しい漢方系の薬を飲み再検査。
この再検査は外注でちょっと詳しく見て頂いたんです。
すると前回高かったGPTは下がったものの総胆汁酸なるものが高数値で、
この数値から先生が疑ったのが門脈シャントなる病気でした。



門脈シャント・・・NETで何回か目にした事がありますがどんな病気なのかその時まで全く知りませんでしたが、おおよそこんな感じです。


門脈というのは消化管で吸収された栄養素の他に、有害なアンモニア、細菌、毒素を肝臓に運ぶ血管の事。
シャントというのは門脈と大静脈の間にできたバイパス血管の事です。


通常全身を巡り汚れた血液は門脈から肝臓に達し浄化され大静脈に送られます。
が、シャントができると肝臓を通らない汚れたままの血液が大静脈に達し全身を巡り、血液の中の有害な物質の影響で結果、脳障害などの肝性障害を引き起こしてしまいます。


昨日行った病院のHPに門脈シャントについての説明が詳しく載ってるのでリンクさせて頂きますね。
詳しく知りたい方はご覧下さい。  こちら 



かかりつけの先生が勧めて下さったのは出身の大学病院でしたが、大学病院は診察日が限られ受診がちょっと難しそうでした。
なのでNETで門脈シャントと調べると必ず出て来る昨日の病院で詳しく検査して頂く事にしました。


受診を決めるにあたりまず電話で先生とお話しメープルの検査数値を伝えたところ門脈シャントである可能性は低そうな感じでした。
総胆汁量の数値が高いだけではそうである確率はかなり低そうで取り敢えずそれで少し安心しましたが、詳しい検査をお願いし昨日の受診の運びとなりました。


実のところ周りがうるさくて先生の声がよく聞こえなかったのですが、この病気の確定はCTでしかできないとの事ですし、先生もCTと仰っていたので昨日はCTを撮るつもりで行ったのですがCTは撮りませんでした。
CTを撮るかどうか決める予備検査と言える、血液検査、超音波検査、腹部レントゲン検査をしました。
この検査をして必要があれば後日CTでの検査が必要になります。


メープルの検査の結果はと言いますと、
100%確定ではないけれど門脈シャントはあまり怪しくないという事でした。
確定するにはCT検査が必要ですが、費用面、全身麻酔の危険性などを考えるとあまり勧めないとの事です。

ただメープルは肝臓が普通より小さく肝臓の発達は良くないそうです。(門脈と肝内門脈の発達は良好)
なので肝臓に何らかの異常は隠れていそうで、考えられるのは感染、自己免疫性疾患、食事性(栄養的)、遺伝性などがあるそうです。
メープルの場合は一番怪しいのは遺伝性で原発性門脈低形成などが疑われるそうです。


が、この異常が何なのかは昨日の検査ではわからず、確定にはこれもCTか肝生検をしなければなりません。

この結果、今後の選択肢としては、上記二つの他にもう一つ何もしないというのがあり、
一定期間何もせず様子を見て変わらなければそのまま、体調や数値が悪化したらその時にCTか生検をするという事になります。


先生はここまで説明され、
後は飼い主さんが決める事ですが、ご自分がメープルの飼い主だったら・・・という事で以下の提案をして下さいました。

・肝臓サポートを止めて一般食(総合栄養食)に変更
肝臓サポートはたんぱく質を極端に減らしてるため健康な子には栄養が足りず体調を崩すそうです。この事はNETでも読みました。
・サプリメント(かかりつけ医の処方薬)を中止してどうなるか? → 肝臓の数値が上がるのかどうか?

これで体調に変化がなければ1ヶ月後の血液検査の結果で今後の事は判断する。




肝臓が未発達とわかったものの現時点では何の異常もなく健康そのものにしか見えないメープルに全身麻酔をかけてまでCTを撮ったり肝生検を受けたりというのは正直躊躇われます。
なので結果として我が家が選択したのは先生が提案して下さったように、肝臓サポートを止め、薬も止めて1ヶ月後に再検査をするという形です。


現時点でメープルの検査結果は真っ白ではないけれど、先生が仰るには良かったね!というものだそうです。
門脈シャントも100%ないと決まった訳でなくシャントが横隔膜にくっ付いている場合は成長にしたがって横隔膜とシャントが離れて行き8歳頃になって症状が表れる事もあるそうですが、取りあえず昨日はめ~たん、良かったね!と何回言った事かわかりません。



め~たんの検査結果は真っ白ではないけれど、限りなく透明に近いブルーかなぁ~
スポンサーサイト

シフォン手術しました。

先週の金曜日に手術したシフォン。

背中側の首の付け根辺りに漿液が溜まってしまい何度か抜いてもらってるのですが、段々早く溜まるようになってしまい今回は2~3日後にはもう溜まり始め…そのすぐ側にあったしこりが大きくなっても来てたので思い切って手術してもらう事にしたんです。
日帰りで15分位の手術とは聞いてましたが、わんこはどんなに小さな手術でも全身麻酔ですから弱って来た後肢への影響がきがかりでしたが💦



今はすっかり元に戻りましたが、手術当日の夜は麻酔の影響か後肢が全く立たず危惧してた事が本当になってしまったかと心配しましたが、翌朝にはふらつきながらも歩けるようになりほっとしました。

手術痕、帰って来た時はテープの上に更に透明なテープが貼ってありました。




月曜日に傷痕チェックして頂いた時も手術後と同じ状態に。
シフォンがよく掻く子って言ったからで普通はテープはしないみたい。




昨日の朝、まだ眠ネムなシフォン…





傷痕今はこんな感じ…テープは貼ってもらった当日剥がれてしまいました😅




思ってたより大きな傷痕でビックリですが後は抜糸を待つばかりとなりました。抜糸は6月に入ればいつでもと言われてます

今回切除した組織は検査をお願いしましたが、結果がどうであれシフォンの手術はこれで最後にする事にしました。
マーブルはお鼻の病気がわかった時に選択の余地なく緩和治療になりましたが、シフォンも仮に悪い結果だったとしても同じように過ごそうと思ってます。

来月12歳ですしね



iPhoneからアプリで初投稿、どんな具合でしょうかね~

縫合糸反応性肉芽腫

長かった寒波もやっと通過し今日は昨日より幾分過ごしやすい日になりましたね。
今朝の天気予報で昨日までの強風も今日は吹かないと言ってましたが、まぶしー地方は相変わらず北風なのか西風なのか風が結構吹いてます。
まぶしーははは空っ風のメッカとも言える場所で生まれ育ったので埼玉に住む事になった時に強風に悩まされる事はなくなると喜びましたが甘かった・・・山のない関東平野の真ん中辺りに位置するまぶしー地方、今の季節強風が吹き荒れます
まぶしーははが子供のころから慣れ親しんできた空っ風は赤城おろしと呼ばれてましたが、今毎日のように悩まされてる風には名前があるのかな、ただの通りすがりの風

それでも昨日までよりはかなり歩きやすくなったのでちぽめーのお散歩も少し長く~としたいところですが、実はシフォン先週の火曜日にちょっとした手術をして抜糸前なのでお散歩は控えめにと言われてるので今日もまた短いお散歩になりました。
シフォンの今回の手術というのは糸アレルギーの手術。
何の糸?って話ですが、実はシフォン、まぶしーははがブログさぼりがちだった昨年11月にかなり大きな手術を受けたんです。
右側の下の方の乳腺にしこりを見つけその2~3ヶ月前にも同じ側の上の方の乳腺にしこりを見つけていた為手術をする事になったのですが避妊手術も一緒にしてもらったんです、右側3~5番の乳腺と子宮と卵巣の摘出手術です。
これだけでも結構大きな手術だったのですが、実は手術日前日に先生が左側3番乳頭の近くのしこりを見つけてくれたんです。
でも触診で悪いものには思えなかったのでこれは何れという事で切除する予定はありませんでした、両側の乳腺を一緒に切除となると皮膚が足りなくなってしまうので。
でも手術当日剃毛するとシフォンのお腹の皮膚に余裕があった為急遽そのしこりも「ついで」に一緒に切除する事になりました。
手術は3時間もかかる大手術になり入院も3泊もの長いものになりましたが、結果的にはこの「ついで」の手術でシフォンは命拾いする事になりました。
組織検査の結果、何とついでのしこりが悪性で周囲に浸潤も見られるというもの、他は全て良性でした。

FAXで届いていた検査結果に悪性で浸潤しているとの一文を見た時は愕然とし正式な検査書類を見るまでの数日間は気が気ではありませんでしたが、正式書類には浸潤していたけど全てきれいに取り切れていると書かれてありほっと胸を撫で下ろしました。

手術前に機転を利かせついでのしこりを取って下さった先生には何度お礼を言ってもいい足りないくらいです。
この件はこれで終結と先生も仰って下さり一見落着の筈だったのですが、手術からひと月ちょっと経った頃、縫合痕が一部ぷくっと膨れて来て何だろう?と思っていたのですが、年が明け3日にはそのふくらみが血豆のようになってました。
翌4日病院に電話すると通常の日曜日通り午前中だけ診療してるとの事だったので急遽受診。
診断の結果典型的な糸アレルギーだと言われました。

皮下は大部分溶ける糸で縫ってあるのですがおへその所だけは良く着くように溶けない糸を使ってるのだそうです。
どうやらその溶けない糸に反応してしまったようで糸を除去すれば良くなるという事だったのですぐに手術日を予約しその2日後に手術となった訳です。
浅い麻酔で日帰りでできアレルギーの場合は費用の負担はないとの事でした。
もちろんお金がかかっても手術はするつもりでしたが。

手術の前の日、明日手術だね~ってシフォンと話しながらへそ天でおっぴろげ~になってたシフォンのお腹を触ってたら何とまた乳首の近くにしこりを見つけてしまい・・・結局糸の除去と一緒にしこりと近くの乳頭も切除して頂く事になりました、麻酔量を増やす事なく日帰りで手術可能との事だったので。


年末から手術続きでシフォンの体は満身創痍になってしまいましたが、ついでに取ってもらったしこりが悪性だったラッキーガールのシフォンです。

3日朝霞城山公園


糸アレルギー・・・先生がごく軽く仰ったのでまぶしーははも軽く考えてましたが場合によっては重篤な状態になり命を落とす子もいるのだそうです。
それが本記事のタイトルになってる縫合糸反応性肉芽腫です。

マーブルを迎えて14年近く、ワンコの病気についてもある程度の知識はあると自負もありましたが、今回シフォンが糸アレルギーと診断された事がきっかけで初めて知った病名です。
調べたところその多くは絹糸に対するアレルギーだそうです。
今は絹糸を使う獣医師は少なくなってるそうですが、金銭面や使い勝手の関係で少数ですがいらっしゃるそうで、その絹糸で不幸にも発症してしまう子がいるのだそうです。
我が家のかかりつけの先生は勉強熱心ですしお金をケチるようにも思えないのでまさか絹糸を使ってる事はないだろうと思ってましたが、シフォンの場合はやはり化学繊維の縫合糸に反応してしまったそうです。
傷口に張っていた絆創膏にも反応し赤くなってしまったので軽いアレルギー体質のようです。


今は何の疑問も持たず大多数の方が避妊や去勢手術を受けますが、ワンコの体質によってはその手術に使う糸で不測の事態が起こるかもしれないとう事を頭の片隅に入れて置いて下さい。
この病気で不幸にも大事な我が子を亡くされた方がブログで、手術前に使う糸の種類を確認するよう訴えられてます。


まぶしーははもシフォンの避妊手術を考えた時に避妊手術のデメリットを調べたのですがその時にはこの病名に辿り着く事はできませんでした。
もしもし知っていたら果たして手術を受けたか・・・乳腺腫瘍が怖いので受けてたかな・・・今となってはわかりませんが、受けてしまった今はシフォンが重篤な状態にならずこのまま傷が癒えてくれるよう願うばかりです。

深大寺

ラッキーガールのシフォンですからね、きっと大丈夫だと思ってます

病院に行って来ました。

マーブル初めまぶしー家への応援ありがとうございます

皆さまの応援のお陰もあり、マーブルは検査前より元気な表情が多くなりました

昨日の朝のまぶしー親子。
12日1

12日2
まだネムネムです^m^


昨日は主治医と検査結果と今後の事についてお話しして来ました。
マーブルの通院はいつも土曜日なので平日の通院は初診以来2度目です。
平日はやっぱり空いてます、駐車場も待合室も余裕でした。

待ち時間は20分ほどだったでしょうか・・・
マーブルの番になると先生自ら待合室のマーブルの傍まで歩み寄って来て下さり、
「マーブル、こんな事になっちゃって・・・」と言いながら抱き上げ診察室まで連れて行って下さいました。

マーブルの腫瘍は先生も驚くほどの速さで増大し右側の鼻腔の炎症を起こしている部分だけを除き、両鼻腔殆どに広がり、髄膜も溶け始めていて脳への浸潤も始まっている状態です。
マーブルが鼻血を出してからずっと診て下さっている先生もまさかこんな状態になっているとは想像もされていなかったようです。

ここまで大きくなってしまうとどうにもできないという事で、今後は少しでも穏やかに過ごせるように対症療法でQOLを高めて行く事になります。
取り敢えず、二次感染を起こしているそうなので今までとは違う抗生物質が処方されました。
そしてDフラクションという舞茸抽出液のサプリも。
センダンを飲ませてると伝えると「同じようかな・・・」と仰いましたがもちろんやる事にしましたよ。
少しでも希望を持てるのなら何でも試してみたいですからね。


まぶしーはは、検査結果を聞いても然程ショックも受けず落胆もしなかったのですが、その結果を詳しく説明する事が当日と翌日はどうしても出来ませんでした。
事実は事実として受け止めてはいましたが、受け入れてはいなかったのでしょうね。
でも諸角先生とお話しして、先生の経験談などもお聞きする(先生も大切な愛犬を癌で亡くされてるそうです)うちに受け入れる事が出来たような気がします。
なので、この記事も書けています。


近所の病院への転院を考えていましたが、治療法がないのなら、マーブルが大好きな諸角先生にこのままお世話になりつつ、何かの時には近所の先生にも治療をお願いする事にしました。


先生とのお話が終わって病院の前で。
12日3
シフォン、花壇に入っちゃだめだよ~
12日4


この後車に向かおうとしたら、やだ!お散歩する!って拒否るマーブル
2回程病院周辺をお散歩した事があるんです、マーブルはこの辺がお気に入りになっちゃったみたい
だけど、いい所行くから・・・ってどうにか車に乗ってもらいました。

そしたら、あんなに嫌がっていたのにこの笑顔
あの拒否は一体何だったんだぁ

12日5

12日6

長いお散歩は控えた方がいいと言われたので昨日は公園はパス。
代わりにこんないい所に行きましたよ~

12日7

もうおわかりですよね。
そう!chiffon Nobuhiro・・・まぶしー家御用達のようなシフォンケーキのお店です。

chiffon Nobuhiroのテラス席に座るシフォンとノブヒロです
12日8

目を凝らすとマーブルの可愛いお尻も写ってますよ^m^

まぶしー親子、昨日も大人しくていい子ねぇっていっぱい褒められました
12日9

12日10

いつでもどこでも仲良し親子です
12日11




マーブルの笑顔を一日も長く見ていられるよう、まぶしー家一同これからも明るく楽しく過ごして行きます

まぶしー親子にはこのブログタイトル通り嬉しい!楽しい!といつも思っていてもらいたいですからね


≪おまけ≫

MRI、CTを撮った時ですが、マーブルはかなり危険な状態だったようです。
昨日、諸角先生にお聞きして驚いたのですが・・・

施設の先生は若い女医さんで、撮影後の説明の時に覚醒が少し遅かったけど今はしっかり起きてますと、全く不安な様子は見せなかったのですが、
諸角先生のお話では、かなり心配されていたらしいです。
まさか、そんな状態だったなんて・・・

昨日は病状よりもそっちに驚きました。
患者側に不安を与えない為に心配してる素振りは微塵も見せる事ない若い女医さんに脱帽です。
施設のHPを見て若い女医さんだからちょっと心配・・・なんて思ってごめんなさい・・・

今、思う事

マーブルのご心配いつもありがとうございます。

実はマーブルは先週に入りがっくりと容態が悪くなりました。

9日1

食欲の塊のようだったマーブルが食べ物を口元に持って行ってもぷいっと横を向く事が多くなりました。
それでも前半はご飯を食べ始めるとガツガツと食べ完食していたのですが、金曜日の夜からはいつもの半量程を食べるのがやっとになりました。

土曜日は2週間ぶりの通院だったのですが、マーブルのあまりの元気のなさに、前回の診察までは麻酔のリスクを考え、CT撮影を躊躇されていた先生も、MRIとCTを撮った方がいいと判断され、昨日急遽の検査になりました。

検査したのはDMの診断の時と同じ画像診断専門施設です。
2年前は県内になくてはるばる都内の練馬まで行きましたが、今は県内川口にできたのでそちらでの検査になりました。
とは言え、高速を使う練馬と一般道で行く川口と・・・まぶしー家からの所要時間は同じくらいでした


さて、検査の結果ですが、まぶしーははが不安を抱いていた通りの結果となりました。
が、予想していたよりずっと進行していました。

今後の事は明日主治医と話をする事になっています。

マーブルの検査の結果は最悪のものでしたが、まぶしーははは不思議な事に然程落胆はしてません。
画像診断の結果をお聞きする時も冷静に聞く事が出来ました。
マーブルの鼻血を初めて見た時から、色々なサイトを読みまくってましたからね、ある程度予想も覚悟も出来ていました。

昨日、mixiで検査結果についてつぶやいたらミク友さんから沢山の励ましを頂きました。
頂いたメッセージへまぶしーははから返信させて頂いた内容を転載したいと思います。

結果は最悪のものでしたが、不思議とさほど落胆はしてません。
覚悟はできてましたからねぇ。

この先考えられる事は意識が朦朧としたり鼻からの大出血、そしてこれが一番可哀想なのですが、顔の変形。
腫瘍に圧迫されて左目はすでに飛び出して来てます。
今はこれが一番怖い。
そんな状態のマーブルを受け止め損なわないようにしないとと思ってます。

でもね思うんです。
命あるもの、明日が確約されてる人なんて誰もいません。
マーブルはその確率が増えただけだって。

存在の大切さを再認識でき、思い出作りの為の時間が与えられた。。。ある意味、ラッキーな事かもしれません。
そして例え姿が見えなくなってもマーブルはず~っと傍にいてくれるって

実際にいなくなったら寂しくて寂しくて泣き暮らすかもしれないけど
マーブルの温もり、手触りを忘れないように今の内にいっぱい撫でたり抱きしめたりしておきます
昨日から触りまくりです


そしてマーブルはもちろん心配ですが、同じくらい心配なのがシフォン。
ママっ子のシフォンの事、マーブルがいなくなったらどうにかなってしまうのではないかと。。。
それはマーブルが病気でなくてもいずれは訪れる日なのですが、仲良し親子はこんな時困ったものです


考える事は沢山あるのですが、今はどうするのがマーブルが一番楽なのか…それが一番に思う事。

マーブルには頑張ってもらいたいけど頑張りすぎないように言ってます。
もう頑張れないと思ったらマーブルとお話できるKさんに伝えるんだよって。


マーブル始めまぶしー家、沢山の方に見守って頂けて幸せです。

これからもどうぞよろしくお願いします。



我ながら、もっと落胆しろよ!とも思いますが、強がりでも負け惜しみでもなく偽らざる気持ちです

全く思ってもいなかった方の突然死・・・そんなニュースを見るにつけ、確約された明日なんて誰にもないんだなと思うようになりました。
マーブルを心配してるまぶしーははの方がもしかしたら先に逝ってしまうかもしれません。

そんな事にならないように、せめてマーブルとシフォンを見送るまでは元気でいなければという事は以前から思っていた事です。


マーブルがいつまで元気でいられるかわかりませんが、この病気で宣告される余命は多くは3~4ヶ月のようです。
もちろんそれはある程度の目安で、一年以上頑張ってる子もいます。

マーブルとは一日も長く一緒にいたいけど、マーブルが苦しみながら命を長らえるのはまぶしーちちもははも望んではいません。
元気なマーブルと一緒にいられる日々が一日も長く続くよう、先生ともよく相談しながらこれからの日々を過ごして行きたいと思います。


よろしければこれからもまぶしー親子を見守ってあげて下さい。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
ブログ村
ランキングには参加してません
まぶしー親子のHP
長らく放置中ですが、
よろしければご覧下さいね。



≪旧ブログ≫
●前ブログ
★まぶしーとにゃんこ
●初めてのブログ
★ケーキじゃないよ!!
あなたも運命の出会いを
いつでも里親募集中
可愛いワンコが待ってます
多くの方の胸に届きますように・・・
画像をクリックしてご覧下さい。
はいけい、にんげんの皆さま。
小さな命を救って下さい
コーギースタイル vol.31

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。