Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

天使になってしまったコーギー親子マーブルとシフォン、妹分のチワワMIXメープルのブログです。マーブルとシフォンの闘病記をメインに親子姉妹のお出かけや日常を綴ってます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   Comment: --   

病名が確定するまで その① 

昨日は、マーブルの病気に対する今の想いをつらつらと書かせて頂きました。

書くテーマを決めてからPCに向かわないとまたつらつら・・・になってしまいそうです。
面識のある方ならご存知のように、あまり口が達者ではないもので、
その分、文章を書くのは好きな方です、決して文章が上手という訳ではありません
そんな訳で、今日はマーブルの病名が確定するまでの経緯を書いて行こうと思います。

マーブルの足の異変にはっきりと気付いたのは、先月7月12日の事でした。
その前からフローリングの上で後ろ足を滑らせる事が多くなったとは思っていましたが、10歳という年齢のせい、足裏の毛が伸びたせいだろうと思っていたのです。
が、7月12日はフローリングに血液がいっぱい付いていて、シフォンにヒートが来たのかと思い確認したのですが違いました。
驚いて、シフォンの体、マーブルの体をチェックしてマーブルの右足の爪からの出血とわかりました。
その時思い出したのですが、その数日前まぶしーちちがマーブルの爪の擦り減り方がいつもと違うと不思議がっていた事がありました。
爪からの出血なんて、マーブルと暮らし始めて10年以上になりますが、初めての事でした。
絶対におかしいと思い、午後の診療が始まるのを待ちかねてかかりつけ医院を受診しました。
問診と視診、それから多分コーギーという犬種から、ヘルニアだから絶対安静にして薬で様子を見ましょうと言われ、薬を8日間処方されました。
容態が悪くならなければ、8日後にまた受診です。
処方されたのは、ステロイド1/2錠を1日1回、ビタミン剤、抗生物質を各1錠を1日2回でした。
それから、絶対安静の日々を一週間、お散歩はシフォンとはもちろん別々で、
ウンPが出たら帰るという5分足らず、ちょっと長くかかった時は帰りは抱っこで帰って来た日もありました。
そして、薬も指示通り飲ませていましたが、一週間近く経っても症状は改善されませんでした。
マーブルは痛がる素振りさえ見せず、いつも通りおもちゃを持って来て遊ぼうと誘います。
本当にヘルニアなのかな・・・?との思いが日々強くなって来ました。

そして、予定より2日早くかかりつけ医を再診しましたが、やはりヘルニアだろうとの診断。
徹底的に調べるならMRI検査の出来る医療機関を紹介するけど、マーブルの今の症状では服薬の内科的治療になるだろうという事なので、また薬を8日分(今度はステロイドとビタミン剤の2種類)頂いて帰って来ました。
が、一向によくならずやっぱり変だと思い、インターネットでマーブルの症状を入力して調べまくる日々が始まりました。
本当はかかりつけ医の再診前から調べまくってました^^;

そんな中で、県内の三郷市にヘルニア等神経系のスペシャリストと言われる先生がいらっしゃるとの情報に行き着きました。
それがとがさき動物病院の院長の諸角先生です。
かかりつけ医を再診する前にも諸角先生を受診を検討してはいたのですが、
ひょっとすると服薬で良くなるかもという期待もまだあったので二の足を踏んでしまいました。
でも再診で処方された薬を飲ませても全く良くならず、諸角先生の受診を決めました。

長くなったので、その②に続きます。
スポンサーサイト

カテゴリ: DM・脊髄変性症・変性性脊髄症

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mabchii.blog109.fc2.com/tb.php/6-9bfb1462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。