Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

天使になってしまったコーギー親子マーブルとシフォン、妹分のチワワMIXメープルのブログです。マーブルとシフォンの闘病記をメインに親子姉妹のお出かけや日常を綴ってます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   Comment: --   

病院に行って来ました。 

マーブル初めまぶしー家への応援ありがとうございます

皆さまの応援のお陰もあり、マーブルは検査前より元気な表情が多くなりました

昨日の朝のまぶしー親子。
12日1

12日2
まだネムネムです^m^


昨日は主治医と検査結果と今後の事についてお話しして来ました。
マーブルの通院はいつも土曜日なので平日の通院は初診以来2度目です。
平日はやっぱり空いてます、駐車場も待合室も余裕でした。

待ち時間は20分ほどだったでしょうか・・・
マーブルの番になると先生自ら待合室のマーブルの傍まで歩み寄って来て下さり、
「マーブル、こんな事になっちゃって・・・」と言いながら抱き上げ診察室まで連れて行って下さいました。

マーブルの腫瘍は先生も驚くほどの速さで増大し右側の鼻腔の炎症を起こしている部分だけを除き、両鼻腔殆どに広がり、髄膜も溶け始めていて脳への浸潤も始まっている状態です。
マーブルが鼻血を出してからずっと診て下さっている先生もまさかこんな状態になっているとは想像もされていなかったようです。

ここまで大きくなってしまうとどうにもできないという事で、今後は少しでも穏やかに過ごせるように対症療法でQOLを高めて行く事になります。
取り敢えず、二次感染を起こしているそうなので今までとは違う抗生物質が処方されました。
そしてDフラクションという舞茸抽出液のサプリも。
センダンを飲ませてると伝えると「同じようかな・・・」と仰いましたがもちろんやる事にしましたよ。
少しでも希望を持てるのなら何でも試してみたいですからね。


まぶしーはは、検査結果を聞いても然程ショックも受けず落胆もしなかったのですが、その結果を詳しく説明する事が当日と翌日はどうしても出来ませんでした。
事実は事実として受け止めてはいましたが、受け入れてはいなかったのでしょうね。
でも諸角先生とお話しして、先生の経験談などもお聞きする(先生も大切な愛犬を癌で亡くされてるそうです)うちに受け入れる事が出来たような気がします。
なので、この記事も書けています。


近所の病院への転院を考えていましたが、治療法がないのなら、マーブルが大好きな諸角先生にこのままお世話になりつつ、何かの時には近所の先生にも治療をお願いする事にしました。


先生とのお話が終わって病院の前で。
12日3
シフォン、花壇に入っちゃだめだよ~
12日4


この後車に向かおうとしたら、やだ!お散歩する!って拒否るマーブル
2回程病院周辺をお散歩した事があるんです、マーブルはこの辺がお気に入りになっちゃったみたい
だけど、いい所行くから・・・ってどうにか車に乗ってもらいました。

そしたら、あんなに嫌がっていたのにこの笑顔
あの拒否は一体何だったんだぁ

12日5

12日6

長いお散歩は控えた方がいいと言われたので昨日は公園はパス。
代わりにこんないい所に行きましたよ~

12日7

もうおわかりですよね。
そう!chiffon Nobuhiro・・・まぶしー家御用達のようなシフォンケーキのお店です。

chiffon Nobuhiroのテラス席に座るシフォンとノブヒロです
12日8

目を凝らすとマーブルの可愛いお尻も写ってますよ^m^

まぶしー親子、昨日も大人しくていい子ねぇっていっぱい褒められました
12日9

12日10

いつでもどこでも仲良し親子です
12日11




マーブルの笑顔を一日も長く見ていられるよう、まぶしー家一同これからも明るく楽しく過ごして行きます

まぶしー親子にはこのブログタイトル通り嬉しい!楽しい!といつも思っていてもらいたいですからね


≪おまけ≫

MRI、CTを撮った時ですが、マーブルはかなり危険な状態だったようです。
昨日、諸角先生にお聞きして驚いたのですが・・・

施設の先生は若い女医さんで、撮影後の説明の時に覚醒が少し遅かったけど今はしっかり起きてますと、全く不安な様子は見せなかったのですが、
諸角先生のお話では、かなり心配されていたらしいです。
まさか、そんな状態だったなんて・・・

昨日は病状よりもそっちに驚きました。
患者側に不安を与えない為に心配してる素振りは微塵も見せる事ない若い女医さんに脱帽です。
施設のHPを見て若い女医さんだからちょっと心配・・・なんて思ってごめんなさい・・・

カテゴリ: 病気

今、思う事 

マーブルのご心配いつもありがとうございます。

実はマーブルは先週に入りがっくりと容態が悪くなりました。

9日1

食欲の塊のようだったマーブルが食べ物を口元に持って行ってもぷいっと横を向く事が多くなりました。
それでも前半はご飯を食べ始めるとガツガツと食べ完食していたのですが、金曜日の夜からはいつもの半量程を食べるのがやっとになりました。

土曜日は2週間ぶりの通院だったのですが、マーブルのあまりの元気のなさに、前回の診察までは麻酔のリスクを考え、CT撮影を躊躇されていた先生も、MRIとCTを撮った方がいいと判断され、昨日急遽の検査になりました。

検査したのはDMの診断の時と同じ画像診断専門施設です。
2年前は県内になくてはるばる都内の練馬まで行きましたが、今は県内川口にできたのでそちらでの検査になりました。
とは言え、高速を使う練馬と一般道で行く川口と・・・まぶしー家からの所要時間は同じくらいでした


さて、検査の結果ですが、まぶしーははが不安を抱いていた通りの結果となりました。
が、予想していたよりずっと進行していました。

今後の事は明日主治医と話をする事になっています。

マーブルの検査の結果は最悪のものでしたが、まぶしーははは不思議な事に然程落胆はしてません。
画像診断の結果をお聞きする時も冷静に聞く事が出来ました。
マーブルの鼻血を初めて見た時から、色々なサイトを読みまくってましたからね、ある程度予想も覚悟も出来ていました。

昨日、mixiで検査結果についてつぶやいたらミク友さんから沢山の励ましを頂きました。
頂いたメッセージへまぶしーははから返信させて頂いた内容を転載したいと思います。

結果は最悪のものでしたが、不思議とさほど落胆はしてません。
覚悟はできてましたからねぇ。

この先考えられる事は意識が朦朧としたり鼻からの大出血、そしてこれが一番可哀想なのですが、顔の変形。
腫瘍に圧迫されて左目はすでに飛び出して来てます。
今はこれが一番怖い。
そんな状態のマーブルを受け止め損なわないようにしないとと思ってます。

でもね思うんです。
命あるもの、明日が確約されてる人なんて誰もいません。
マーブルはその確率が増えただけだって。

存在の大切さを再認識でき、思い出作りの為の時間が与えられた。。。ある意味、ラッキーな事かもしれません。
そして例え姿が見えなくなってもマーブルはず~っと傍にいてくれるって

実際にいなくなったら寂しくて寂しくて泣き暮らすかもしれないけど
マーブルの温もり、手触りを忘れないように今の内にいっぱい撫でたり抱きしめたりしておきます
昨日から触りまくりです


そしてマーブルはもちろん心配ですが、同じくらい心配なのがシフォン。
ママっ子のシフォンの事、マーブルがいなくなったらどうにかなってしまうのではないかと。。。
それはマーブルが病気でなくてもいずれは訪れる日なのですが、仲良し親子はこんな時困ったものです


考える事は沢山あるのですが、今はどうするのがマーブルが一番楽なのか…それが一番に思う事。

マーブルには頑張ってもらいたいけど頑張りすぎないように言ってます。
もう頑張れないと思ったらマーブルとお話できるKさんに伝えるんだよって。


マーブル始めまぶしー家、沢山の方に見守って頂けて幸せです。

これからもどうぞよろしくお願いします。



我ながら、もっと落胆しろよ!とも思いますが、強がりでも負け惜しみでもなく偽らざる気持ちです

全く思ってもいなかった方の突然死・・・そんなニュースを見るにつけ、確約された明日なんて誰にもないんだなと思うようになりました。
マーブルを心配してるまぶしーははの方がもしかしたら先に逝ってしまうかもしれません。

そんな事にならないように、せめてマーブルとシフォンを見送るまでは元気でいなければという事は以前から思っていた事です。


マーブルがいつまで元気でいられるかわかりませんが、この病気で宣告される余命は多くは3~4ヶ月のようです。
もちろんそれはある程度の目安で、一年以上頑張ってる子もいます。

マーブルとは一日も長く一緒にいたいけど、マーブルが苦しみながら命を長らえるのはまぶしーちちもははも望んではいません。
元気なマーブルと一緒にいられる日々が一日も長く続くよう、先生ともよく相談しながらこれからの日々を過ごして行きたいと思います。


よろしければこれからもまぶしー親子を見守ってあげて下さい。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 病気

マーブル、その後 

マーブルの容態についてはご心配をおかけしてます<(_ _)>



先週土曜日の通院でCTに進むかどうか結論を出す予定でしたが、
抗生剤を変えて出血が若干少なくなったような気がするので、後2週間同じ薬で様子を見る事になりました。

多分、考えられる病気にいい治療法があればすぐにCTという事になるのかなと思いますが、
マーブルの症状から考えられる病気には完治に至る治療法が無いのも先生がCTを勧めない理由の一つなのではないかと思います。

CTが完治へ向けて次のステップへの手立てにはならず、親の安心、又は覚悟の為の物となる確率が高いのだろうと。


もちろん、全身麻酔が体に与えるリスクが一番の懸念でしょうが・・・。

先生からは「CTで何か見つかっても鼻の手術をするのは可哀想過ぎる」とのお言葉も出ました。


可哀想・・・もしかしたら獣医師が口にすべき言葉ではないのかもしれませんが、
そんな一飼い主と同じような人間臭い一面が多くの方に慕われる要因の一つなのかなと思いました。





ここまでの内容ではマーブルの具合がとっても悪そうですが、そんな事ないんですよ、最悪の場合の話ですからね

でもマーブルも12歳、いつ何があってもうろたえないようにある程度の覚悟は必要だろうと思ってます



最近のマーブル~

先週水曜日、マーブルを心配して姉と姪が来てくれた時。

昨夏お星様になったマーブルの息子のミルクの妹分のゆいたんと。
20日1
ゆいたんはミルクを「る~」と呼んで可愛がってくれてました(妹なのに)。
この時は「わんわん」と言いながらマーブルをいい子いい子してくれてました
シフォンは逃げちゃうので・・・


昨日は久し振りにまぶしーちちとシフォンとおもちゃで遊び回りました。
24日2

24日1

遊び回ると書きましたが、DMが少し進んだのか、実はここ最近マーブルはあまり動かなくなってしまいました
ので、殆ど場所は移動せず、口だけパクパク・・・声だけワンワン・・・
そして、珍しく親子でおもちゃの引っ張りっこをしてたので写真を何度も試みたのですが撮れず・・・

おもちゃで遊ぶ姿は久し振りに見たので本当に嬉しかったです




昨日こんなに元気な様子を見せてくれてたのに、今朝の明け方は辛そうで苦しそうでこのまま最期になってしまうのかと思ってしまいました。


最近のマーブルは寝る時はワンコ用ベッドで寝るのですが、夜中に鼻づまりで苦しそうなのでまぶしーははの布団に移動させ枕をして寝てます。
そうすると安心するのか枕をして気道が確保されるのかかなり楽そうになるのです。
が、それを少し続けたら慣れてしまったからなのか、気付くと自分で布団から抜け出しカーペットの上で寝るようになりました。

元々暑がりだったマーブル、暑いのだろうとそのままにしておきます。
今朝も気付けば置き上がっていて布団から出たそうだったので、腰を持ち上げてやると好きな方に進んで寝に入りました。
そして次に目が醒めた時にはシフォンの傍で親子で頭を寄せ合って寝てたのですが、数分後に気付いた時にはちょっと様子が変だったので布団の中に移動させました。

すると息を吸う時に体が小刻みに震えていました。
苦しいのか、寒いのか・・・マーブルの毛布をかけて、まぶしーははの毛布と布団をかけて寝かせましたが苦しそうな呼吸のまま、吸う時の震えは止まりません。

その後、ワンコ用ベッドに移動し毛布をかけて暫く撫でていたらやっと震えが止まりました


やっぱり寒かったのでしょうかね~、今朝はよりにもよって暑そうだったので着てたセーターを明け方に脱がせちゃったんですよね、それが悪かったのかなぁ・・・


震えの原因が寒さだったのかは確かではありませんが、室温が下がるとお鼻ズコズコも始まる事が多いのでマーブルには寒さは要注意のようです


頑張ってくれてるマーブルの為にこれからはもっともっと気を付けなければ~


今朝は最悪の事態まで考えてしまいましたが、今はちょっといびきをかきながら平和な寝顔を見せてくれてるマーブルです
25日1

シフォンもその横でこれまた平和そうなお顔で寝てます
25日2

と思ったら、シフォン、目開いてるし・・・・・・



こんな平和な日々がいつまでも続きますようにと願うばかりです。

カテゴリ: 病気

早く元気にな~れ! 

体調がイマイチのマーブル、先週の土曜日はまたまた通院でした。

先々週一週間、先生が学会でご不在だった為でしょう、この日はメチャ混み

混んでる時はいつも外で待つのですが、この日は寒くて待合室の一番奥で順番待ち~

16日1

シフォンの視線の先にいるのは可愛いコギちゃん

もしかして・・・と思ったらやっぱりもみじちゃんでした


もみじちゃんのブログに以前偶然お伺いしたら、同じ先生にお世話になってるという事だったのです。
いつかお会いできるかなぁと思いながらもDMの通院は定期的なのでお会いできず今回初めてのご対面になりました。
もみじちゃん、小柄でシャイなとっても可愛い女の子でした

シフォンが驚かしちゃってごめんね


さて、マーブルですが、歯科処置数日後に出始めた鼻血が未だに止まりきらず
先生は抜歯後に始まったのでその影響だとのお考えなのですが、まぶしーはははどうしても不安が拭いきれない事を伝えレントゲンを撮ってもらいました。


すると鼻血が続いてる左側の鼻腔に白っぽいモヤモヤした怪しい影が

更に詳しく検査するには全身麻酔が必要なCTになります。


先生はDM闘病中のマーブルには、本当は(負担をかける事は)何もしたくないとよく仰います。
でも、レントゲンを見るとそうも言ってられないようで、
前回とは違う抗生剤を一週間服用した結果で次を考えましょうという事になりました。



違う抗生剤を飲み始めたマーブルは若干快方に向かったように見えますが、鼻のズコズコ・・・と一日数回の鼻血混じりの鼻汁は相変わらず続いてます。

特に夜は鼻で息がしづらそうで見てるのも可哀想


血液混じりの青っ洟を見た時から感じてた不安が的中しない事を願うばかりですが、マーブルの状態を見ていてある程度の覚悟も出来つつあります。


免疫力が落ちるというDM・・・余病が出るのもそのせいなのでしょうかね。


結果が悪いものであっても積極的化学治療はしないつもりなので全身麻酔が必要なCT検査を受けるかどうか迷うところです、マーブルはひと月前にも全身麻酔かけたばかりなので


マーブルの事で鳩尾の辺りがいつもキュッとなってる近頃のまぶしーははです
シフォンの平和な笑顔が何よりの癒しになってますが、肝心のシフォンまでもがこの一週間ほど逆くしゃみやくしゃみをしきりにしていて、不安に拍車をかけてくれてます。


胃に穴空いちゃうよ~

マーブルもシフォンも早く元気にな~れ



おまけ

まぶしーちちがたまに猫影を見るというまぶしー家の階段。
何か写るかな~と思って写真撮ってみました

16日2

まぶしーははには何も見えませんが、見る人が見れば何か見えるんだろうか?

カテゴリ: 病気

なかなか手強い 

マーブルの歯科処置の件ではご心配頂きありがとうございます

先週の土曜日、処置後の診察に行って来ました。
実はDMの通院日でもありました。

処置してから5日後の22日に血液混じりの青洟が出たのは前記の通りですが、
一回限りだろうと思ったら、翌日も同じような青洟が出てまたまたビックリ仰天
先生に電話で状況をお聞きしたら、抜歯後鼻血あでる事は良くある事なので心配なさそうなお話で、ホッと胸を撫で下ろした次第です。


先生は電話の時には歯茎からの出血が鼻に廻ってると思われたようですが、診て頂くと傷は綺麗に治ってるようです。
なので、出血は鼻炎の疑いが強いようで、抗生剤を注射し内服の抗生剤も処方されました。

感染症ならこれで出血は止まるそうなのですが、マーブルの鼻炎はなかなか手ごわく今朝も血液混じりの鼻汁が出てました

内服薬は一週間分頂いたのでそれを飲み終わるまでに出血がなくなる事を願うばかりです。


先週の通院時、出血の事で頭がいっぱいでDMの診察をして頂かなかった事に後で気付きました
いつもにも増して院長先生の患者さんが多くて大忙しだったので、先生もうっかりしたようで・・・

会計の時に気付いてお薬だけはもらって来ましたけど


今週の土曜日はまた受診

それまでに鼻汁が治まりますように・・・

カテゴリ: 病気

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。